スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

『If』キョーコちゃんに君の王子様を名乗っていたら

2011.04.21.19:00


注意:この記事は「もしも」を前提としたパラレル要素を含む、落ちなし、続きなしの小ネタです。




『If』キョーコちゃんに君の王子様を名乗っていたら




蒸し暑い夏の京都、初めてそれを経験する少年は、涼を求めて滞在先からほど近いこの森へとやってきた。

わずかな水音を聞きつけた彼は道をそれ、その足を森の奥へと向ける。

そこに、小さな川を見つけた。木陰の具合といい、住宅地とは比べ物にならない快適さだ。

(滞在中はここが避難所になりそうだな。)

あたりを見回しても人の気配はしない。

最近、両親への後ろ暗い想いが内に育ち始め、何となく、人と居たくはなかった。


かさり


一瞬、彼はここを去ろうかと思った。

自然を好む彼にはその足音が動物ではなく、人のものだと分かったから。

けれど、草木を分けて入ってきた、涙をこぼす『彼女』に、動こうとしていた重心は自然と元に戻った。


『彼女』がこちらに気がつき、息を呑む。

彼は日本という土地では、自分の容姿が馴染まないものであったと思い到る。

驚かせてしまったか、彼が声をかけようかどうかと悩んだその数瞬。

泣いていた『彼女』の面がぱぁっと華やいだ。

「あなた、妖精!?」

(ヨウセイ?)

彼が疑問符を浮かべたのは仕方のないことだろう。

『ヨウセイ』の音に対して充てられる文字は色々ある。

彼は普段は文脈からそれを選び取るのだが、第一声がこれでは、文脈も何もない。

(『ヨウセイ』、多分、生物に対する形容詞か名詞?)

はて、この場面に該当するものなどあっただろうか?

少年が判断しあぐねている間にも、『彼女』の話は進んでいく。

「わたし、キョーコって言うの!、妖精さん、あなたのお名前は?妖精さんが大きいのはどうして?もしかして偉い妖精さんなの!?妖精界の王子様!?」

『彼女』、キョーコの顔が興奮したように紅潮した。

期待にキラキラ光る目に、果たして『ヨウセイ』=『妖精』であることに気がついた少年はこう言った。

「いいや、違うよ」

とたん、はぅ、としょぼくれたキョーコの前に片膝を折り、少女の手を取った。

なぜ、そんなことを言ったのか、行ったのか。

それは恋愛音痴の彼の、唯一輝かしい功績であろう。

「俺は妖精界の王子様じゃない。君の王子様だよ」

光の妖精のごとく頬笑み、彼女の手の甲にキスを落とす。

彼女はまた、はぅ!、と声を漏らしたが、その頬は真っ赤に染まっていた。


more...

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

『If』と言う名のドラマ

2011.04.21.19:00


※この記事に出てくるドラマは現実に存在しません




『If』と言う名のドラマ

Side:社

“If”それは今、蓮とキョーコちゃんが共演しているドラマの名だ。

“If”は蓮演じる『チアキ』と、キョーコちゃん演じる『ミヤコ』のラブストーリー。

と言えば聞こえもいいし、キョーコちゃんに片思い中の蓮に、良かったな!!と言えるものなのだが、でもでもでも!!

内容がこんなにえげつないなんて!!

キョーコちゃんはまだ高校生なんだぞ!?

それに、内容が内容だし、蓮、大丈夫かなぁ?



「チアキさ、・・・いや、やだぁ、やめてぇっ」

セットのソファで、キョーコちゃ、いや、ミヤコが、蓮・・・じゃなかった、チアキに押し倒され、縛られ、変態的に、それはそれはゆっくりと服を脱がされている。

事務所から制限が入っているし、この先の展開はミヤコの悲鳴を最後にフェードアウトなのだけれど。


(蓮が、前回よりも更にはまり役に見えるのは気のせいか?)


眼鏡のフレームを押し上げ、変態的性癖を全開にミヤコを精神的に嬲るチアキを見る。

ミヤコはもう恐怖に声がすくんで、震えるだけになっていた。


因みに前回はと言うと、あのソファーでミヤコがチアキを押し倒していた。

「兄さん・・・・・・あの女は誰よーーーーーーーーー!!!!」

と包丁を突き付けながら。

さらに言うならば前々回は、ミヤコに付きまとう男を半殺しにし。

更にその前は、(これも蓮は相当なはまり役だった)一見、幸せ一杯の家庭だが、チアキの部屋の引き出しの中に、ミヤコの隠し撮り写真が!!


というもの。

今あげた場面はハイライトの一部で、今のところ、全話においてチアキはミヤコを押し倒す。(あの包丁を突きつけられる回ですら!!)


何故そのようなことになっているのかと言えば、1話1話が繋がっていないからだ。

“If”は連れ子同士の兄妹が新しい家族との生活にも慣れ、両親が遅ればせながらの新婚旅行に行くところから始まる。

毎話そこからのスタートで、様々な偶然が重なって、違う結末へたどり着く、というものだ。

物語開始時点では二人の関係は仲良くなり始めた兄妹で、チアキがミヤコへ一方的な片思いをしている。

ミヤコの方は新しく出来た素敵なお兄ちゃんへ憧れを抱いているけれど、学校に別に好きな人がいる。


俺がこのドラマの何に不安にさせられているのかと言えば、表向きなチアキがまんま『敦賀蓮』であることだ。

そもそも年頃の男女であるチアキとミヤコを置いて両親が旅行などに行くのも、チアキを心底信頼しているからであり、ミヤコがチアキに対して油断しきっているのもチアキが『紳士』だからだ。

チアキは大学生なんだけど、考え方も大人で、穏やかで、理知的で、敦賀蓮そのまんまのキャラクターなんだけど、化けの兄皮が剥がれたときが凄い。

嫉妬深くて独占欲が強くて、剥がれ方は色々だけれど、ミヤコをストーキングしたり監禁したり、ミヤコに近づく男を半殺しにしたり、とんでもなく突き抜けた男なのだ。


俺から見ると、それは正しく『敦賀蓮の仮面』が外れた蓮そのものの様な気がしてならない。

正直ここでキョーコちゃん扮するミヤコに欲望をぶつけることで、蓮の欲望も発散できるといいんだけど、最近はむしろ現実の方が役に引きずられるんじゃないかと不安になっているのだ。


(そのうちニュースに、『敦賀蓮、自宅に高校生を監禁・暴行!?』なんて、テロップが流れたりしないよな!?)


セットで今取っているのは、撮り溜めている、最終回分だろう。


最終回では、偏執的にミヤコに愛を注ぐチアキと、チアキに病的愛を注ぐミヤコ、凹凸のように歪んだ者同士がピタリと合わさった形で終わる。


(何気に、妹のミヤコも病的なんだよなぁ)


最終話の撮りを見ながら思う。

この妹、チアキの意図的な兄皮が少しずつ剥がれていくのとは違って、何がスイッチで豹変するかわからない。

それこそ、ずっと健全な精神のままに兄に追い詰められ自殺することもあれば。

両想いのパターンの時、チアキにまだ理性が残っていて、肉体関係を拒否すると、片っぱしから浮気を疑って、チアキを刺そうとした。




(あ!あと、薬で自由を奪って監禁もあったな。)




社は知らない。

今回のこのドラマで皮だか仮面だかが既に剥がれていたことを。

それも、蓮ではなく、キョーコが。


ラブミー部員と後輩の皮が剥けたキョーコが何を仕出かすのか、何を仕出かした所で、蓮は受け入れ態勢が出来ているので問題なさそうではあるけれど。

社には胃薬が必要な予感だけはする。









more...

web拍手 by FC2

『If』彼女が彼を恨まなかったらVer.K

2011.04.21.19:00


注意:この記事は「もしも」を前提としたパラレル要素を含む、落ちなし、続きなしの小ネタです。
注意:蓮キョです、そしてVer.Kの『K』は「完全決別」のKです。あと、尚君が痛い子に描写されています。そしてこの記事に出てくる京都弁には枕詞に「なんちゃって」がつきます。


『If』彼女が彼を恨まなかったらVer.K


オレは最初、いや、あいつの名前が出るまで、画面の向こうの女が『あの』キョーコであることに、全く気がつかなかった。


オレがある日あいつの待つ家に帰ると、部屋の中から知らないおっちゃんが出てきた。

向こうが「ふ、不破尚!?」と、驚くのは当然だが、俺はもっと驚いている。

何でオレの家から知らないおっさんが出てくんだよ!?


オレは動揺を必死に隠して尋ねる。

「すみません、知人の家を訪ねたんですが、以前ここに住んでいた人は?」

「いやぁ、知らないねぇ、管理人さんなら知っているだろうけれど、この部屋、綺麗にクリーニングまでされていたから。」

「そうですか、夜分遅くに失礼を」


ギリギリで芸能人の皮を被りながら、その部屋を後にした。

管理人に問い合わせても伝言などは一切なく、今まで連絡を絶っていたお袋に電話するといきなり怒鳴られた。

いや、家出している身だから、それは想定の範囲内だったのだけれど、内容は全く予想もしていないものだった。

「あんた、キョーコちゃんに何したん!?ひと月も前に突然帰ってきて不義理詫びたと思うたら、『今後一切のご縁を切らせて下さい』て言いはったんよ!!!?」

「なっ!!」

これにはオレも一切の言葉が出なかった。



それ以来あいつは音信不通のまま、どこで何をしているのかもわからない。

そう、思っていたのだが、数年後、あいつは突然日本中のメディアに取りざたされた。

いや、正確には、もっと以前から話題に上っていたらしい。

報道番組を見ない俺が知らなかっただけで、あいつは、キョーコは有名人だった。

『世界で活躍する日本人女社長』それも、更なる形容詞として『美人』とか付けられて。


たしかにその代名詞を持つ「最上」と言う人物を耳にしたことはある、だが、まさか思わないだろう!?

それが、あの、キョーコだなんて!!



今、日本のメディアは、いや各国のメディアは、その女社長が最上社長からヒズリ社長に変わるってんで大騒ぎになっている。

画面には、来月末に結婚することとなった、ハリウッドで活躍する俳優、敦賀蓮、本名クオン・ヒズリと、その隣に遜色なく並ぶ美女・・・・最上キョーコの姿があった。



オレは、敦賀蓮が嫌いだ。

結婚間近に迫って、花嫁に逃げられたら世界中の笑いものだよな・・・・。

キョーコもいい女になったし、今まで自由にさせてやっていたが、そろそろ連れ戻すか。

いや、もともとオレのモノなんだ、オレが少し構ってやればアイツの方から戻ってくるだろ。




なぜ、この時の俺はそんなことを考えてしまったのか。

あるいは忙しさでメディアに構う暇さえなければよかったのか・・・・。

しかし、オレのコピーバンドの出現以来、そいつらを筆頭に、オレの勢いを殺す勢力が力を増していっている為に、キョーコをほっぽり出した頃のオレの忙しさが今はないわけで。

そんな閉塞感からなのかもしれない、わざわざ自らの墓穴を掘りに行ってしまったのは。

そんな運命を知りもせずに、この時の俺は勢い込んで立ち上がった。


現在結婚報告と、それぞれの仕事のために日本へ敦賀蓮と共に訪れている、キョーコに会うために!!





more...

web拍手 by FC2

『If』彼女が彼を恨まなかったらVer.U

2011.04.22.16:00

 
注意:この記事は「もしも」を前提としたパラレル要素を含む、落ちなし、続きなしの小ネタです。
注意:蓮キョです、そしてVer.Uの『U』は「後ろ向き」「鬱」のUです。あと、尚君が酷い子のポジションです。あと蓮が泣いてます。




『If』彼女が彼を恨まなかったらVer.U


その日、俺は、青い石をもった子猫を拾った。

いや、俺が拾われたのだろうか。

夕立に濡れそぼつ、俺だけの、子猫に。





24時間『他人≪敦賀蓮≫』を演じて、ときどき、どうしようもなくなる。

どんな自戒も自制も忘れて『無』になる。

そんな瞬間を、求めてしまう。



そこは、俺の秘密の場所。

川こそないけれど、唯一捨てきれず残してしまった『俺』の思い出、京都で夏をすごしたあの森によく似た場所。

都心の中にひっそり存在するそこは、少し道をそれればたちまち人の気配などなくなる。


久しぶりに半日オフを貰ったとき、俺の精神は既に限界を迎えていた。

激しく降りしきる夕立にまぎれ、極度のストレスによるものだろう。

止めることもできず涙があふれた。

早く、森の奥へ。

その先に、あの子は、いないけれど。



草木を踏み分けた先、雨の中で光るものがある。

それが俺に先客の存在を教えた。

しかし、俺は引きかえそうなどとは思わなかった。

それが、現実であるはずはないし、現実であるならなおのこと引き返そうとは思わない。

大きな木の下にうずくまる少女がいた。青い、石を持った少女が。

俺の存在に気づき、表情もなく彼女が顔を上げる。


泣いているのは俺で、先客は彼女。

あの時とは逆だ。

だから、俺が挨拶しないとね?


「久しぶり、俺はクオン。君は、妖精―――――みたいに可愛い、キョーコちゃんだね?」

「こーん」

表情のないまま、彼女はぽろぽろと泣いた。

ふらっと立ちあがり、彼女が俺に触れる。

抱きしめあって、夕立が過ぎるまでそうして俺たちは泣いていた。

「幻じゃない」

そう、呟いたのは彼女だったけれど、俺の想いそのものだった。




拾った子猫は、嘗ての俺のように壊れかけていた。

家に連れ帰り、服を着たまま一緒に風呂に入った。車中彼女はずっと黙っていたけれど、湯船の温かさと人肌の心地よさにか、訥々と話を聞かせてくれた。


要約すると、例の『ショーちゃん』と一緒に上京して、彼のために働いて、大変だけれど楽しく過ごしていたらしい。ところがある時、彼が自分を家政婦としか思っていなことを知ってしまった。

それでも彼女は今も、身を粉にして『ショーちゃん』の為に働き続けている。

彼女はその話をする間、何度も自分が悪い、ショーちゃんは悪くない、私がいけないの、と繰り返していた。


そして最後にぽとっと、

「でも、もう楽しくないの」

と言った。

彼女は自分が何に傷ついているのか、あるいは傷ついていることすら分からない様子だった。

子供の時の彼女は、いつも母親の心ない態度に傷ついて泣いていたけれど、今の彼女はもう、傷つきすぎて傷にすら気付けなくなってしまったのかもしれない。


全て話を終えたときには彼女も鈍くではあるが自分で動けるようになっていた。

湯の中に彼女を残し、自分は脱衣所で素早く濡れた服を脱ぎ、水気をぬぐうと、二人分の着替えを取りに寝室へと向かった。




その日俺と彼女は久しぶりに人の温もりを感じて眠った。

穏やかな夜だった。



朝起きて、目を覚ましても彼女はまだ腕の中にいた。

心も体も疲れ切っていたのだろう。

そんな彼女に縋ってしまった自分が少し情けなくなった。


そのとき、彼女の瞼が震えた。ちょっとドキッとする。

(まさか、昨日のこと、覚えてないなんてないよな?)



開いた瞼の間から、合わさった彼女と俺の視線。

「おはようぅ、黒いコーン」

半分寝ぼけたように彼女が言った。

「おはよう、キョーコちゃん」

『黒い』って見た目のことだよな?

まさか荒んでしまった俺の心を言い当ててなら、凹むしかない。

と思いながら彼女の覚醒を待ってみるが、彼女はまだ半分夢の世界だった。

その彼女が俺の頬に手を伸ばす。

「昨日、ごめんね。私、自分のことばっかり。・・・これじゃあ、ショーちゃんにあんなこと言われても仕方ない」

「そんなことないよ」

彼女は首を振る。

「ずっと、思ってたの、もっとあの時、コーンの話聞いてあげればよかったって、飛べないって、あんなに辛そうで・・・・・・それに、コーン泣いてたでしょう?こんなに黒くなってしまって、呪われてしまったのね・・・?私に魔法が使えたら、すぐにだって解いてあげるのに・・・。」

話しながら彼女の目からはぼろぼろと雫が流れていった。

彼女の涙を拭いながら、あぁ寝ぼけて、妖精や魔法を信じていた頃に心が戻っているんだな。と頭の片隅で考えていた。



俺と彼女の再会で始まった、この物語。

これは、俺が彼女に魔法をかけるまでの物語。

そして、彼女が俺の呪いを解いてくれるまでの物語。


結末はハッピーエンド。

そしてそれは末長く続く幸せな物語の始まり。


more...

web拍手 by FC2

双子設定

2011.12.03.18:58

注意:この記事は設定妄想系の小ネタです。『本編』など存在しない感じです。

本編、存在してしまいました。

more...

web拍手 by FC2

『If』コーンが当時カイン丸を体得していたら

2012.07.11.20:42

注意:この記事は「もしも」を前提としたパラレル要素を含む、落ちなし、続きなしの小ネタです。

more...

web拍手 by FC2

『If』蓮がうかポロキャラだったら

2012.07.12.18:46


注意:この記事は「もしも」を前提としたパラレル要素を含む、落ちなし、続きなしの小ネタです。


more...

web拍手 by FC2

『綻び』と言う名の台本

2012.07.15.22:00


小ネタです。
最近の本誌の敦賀さんとキョーコさんの関係について危惧することを、フィーリングで書いてみた。

more...

web拍手 by FC2

兄妹スクエア

2012.08.13.18:49


注意:大学生パラレルです。蓮・キョーコ・カイン・雪花が同じ大学に在籍しています。

プロローグ?

more...

web拍手 by FC2

SSS(会話文とか妄想とか)

2012.11.10.21:34

注意:この記事は会話文を中心としたSSS(とっても短い文章)と、妄想小話で出来ています。

いい加減たまりにたまっていたネタメモ帳(廃棄物集積所)から拾い上げてきました。
一応まだ見られるものを選んだつもりですが、所詮は廃棄されていた文字群です。しょっぱかったらごめんなさい。

more...

web拍手 by FC2
※サイト案内※
●当サイトにはスキビの考察および二次創作文が展示されています。それに伴い、展示物には性描写・暴力表現を含まれるものがあります。
●取り扱いカップリングは蓮×キョーコ、傾向は「両片想い」「ハッピーエンド」です。
●また、管理人は考察上、あるいは二次創作文中の設定上、登場人物に対し批判的、否定的な扱いをする場合があります。
●作中のあらゆる事項はフィクションであり、現実に即さないものが多く含まれます。
※性描写・暴力表現を含む作品は年齢制限を設けていますので、高校生含む18歳未満の方は閲覧しないでください。
最新記事
カテゴリ
絵 (1)
最新コメント
検索フォーム
カウンター
管理人
Author:常葉(トキワ)

どうぞごゆるりとお楽しみ下さいませ。
度々細かな変更はありますが、温かく見守って頂けると幸いです。

バナーとか作ってみたり。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。