スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

兄妹スクエア

2012.08.13.18:49


注意:大学生パラレルです。蓮・キョーコ・カイン・雪花が同じ大学に在籍しています。

プロローグ?



(Side:蓮)

気になる子が出来た。でも残念ながら彼氏がいる。

あの子の彼氏はあの子と全然似ていない。趣味だって合わなさそうだし、暴力的そうだし。

でも、あの子の恋人はあの子をとても大切にしている。

あの子が怪我している所なんて見たことがないし、彼があの子を怒鳴っているような場面も、脅しているような姿も見たことがない。(あの子に絡んでる男相手にはしていたけど)

見るからに正反対のタイプなのに、付き合っている、と言うことはそれだけ相手を好きあっているのだろう。

もしも単に容姿が好みなら俺でも行ける気がするんだけどな。
体格も似たようなものだし、顔だって、雰囲気は違うけどタイプはそう変わらないと思う。

あの子に悲しんで欲しいわけではないけれど……別れないかなぁ。



(Side:雪花)

蓮の視線を追った先――『その人』を見た瞬間アタシは人生最大級の衝撃を受けた。

あんな完璧な造作の男、蓮以外に見たことがない。
アタシの視線はそのままその男に釘づけになって、その大きな体の横からひょっこりと少女が飛び出した時、突然のことに思わず体がはねた。

あの人と少女は如何にも親しげで、クールな見た目の彼が慈しむように少女を見るのがとても印象的だった。

少女は素直で純朴そうな感じの子。彼とは全然似合わない。絶対に私の方が彼に似合っていると思う。

でも、同時に気づく。きっとあの子は私の持っていないものを持っている。

あの子は守ってあげたくなるタイプの子なんだ。だから彼もあんなに優しく少女を見るのだろう。

略奪…・…は、無理だろうなぁ。



(Side:カイン)

キョーコは偶に変装する。本人が言うには『おしゃれを楽しんでいるだけ』らしいが、キョーコが言うところの“おしゃれ”をするたびに別人のようになるのだから『変装』と言って差し支えないはずだ。

彼女の存在に気付いたのは、そんなキョーコの趣味が原因だった。

あの日、まず驚いたのは趣味に欠片も掠らないだろうファッションをキョーコがしていたからだ。

俺とキョーコの趣味は全く重ならないにも拘らず、今のキョーコは俺の隣にいても違和感のない装いだった。

そして、声をかけようと近づいて漸く気が付く。キョーコじゃない。

背格好は双子か姉妹のように似通っていたが、流石に化粧した途端に妹かどうか本当に分からなくなるようなことはない。

彼女は妹ではなかった。それでも俺は声をかけようとした。その凛とした横顔に心惹かれてしまったから。

しかし声をかけようとしたその刹那、駆け出した彼女はするりと俺の手をすり抜けてしまった。

「レン!」

彼女が男の腕にその白い手を絡めた。
恋人がいるのか。

欲しいものを手に入れるためには手段を選ぶ気はない。

そのはずなのに男の隣で心許した笑みを浮かべる彼女を見ると……ひどく躊躇う自分がいた。



(Side:キョーコ)

あの人、兄さんみたいだわ。

兄さんと同じく人間離れした完璧に整えられた骨格の持ち主。それが彼だった。
芸術家を気取るわけではないけれど、私は人一倍綺麗なものが好き。だから見かけるたびにその人を目で追っていた。そうして気が付くと彼を見つめる度に胸が苦しくなるようになっていた。

時々廊下や食堂で見かける彼はいつも特定のたった一人を連れている。

最初は希望を持っていた。ド派手なファッションと化粧の女性は確かに綺麗だったけれど、穏やかで誠実そうな雰囲気の彼とは全く似合わなかったから。

でも彼女に対する彼の扱いはいつだって特別だった。男女関係なく“友人”関係を築いている様子の彼なのに、彼女だけはあからさまに特別扱いだった。

きっと彼には浮気も移り気もない。円満な人間関係が彼の誠実さを示しているように思う。彼女の方だって見た目は派手だけど他の男と二人でいるところなんて見たことが無い。

私が入る隙間なんて……ないのよね。


目次

一部学生とか似合いそうもない人がいますが(カインさんとかカインさんとか)そこは気にしない方向で。


関連記事
web拍手 by FC2

comment

Secret

※サイト案内※
●当サイトにはスキビの考察および二次創作文が展示されています。それに伴い、展示物には性描写・暴力表現を含まれるものがあります。
●取り扱いカップリングは蓮×キョーコ、傾向は「両片想い」「ハッピーエンド」です。
●また、管理人は考察上、あるいは二次創作文中の設定上、登場人物に対し批判的、否定的な扱いをする場合があります。
●作中のあらゆる事項はフィクションであり、現実に即さないものが多く含まれます。
※性描写・暴力表現を含む作品は年齢制限を設けていますので、高校生含む18歳未満の方は閲覧しないでください。
最新記事
カテゴリ
絵 (1)
最新コメント
検索フォーム
カウンター
管理人
Author:常葉(トキワ)

どうぞごゆるりとお楽しみ下さいませ。
度々細かな変更はありますが、温かく見守って頂けると幸いです。

バナーとか作ってみたり。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。