スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

幸せの探し方(おまけ1)

2011.04.25.20:46


3話『無自覚少女覚醒』より、少女を起こした敦賀氏の説教風景。





 おまけ1


 「そう。俺もね、君が俺の体のこと心配してくれるように、君の身を心配しているんだよ」

 そのお言葉と、慈愛に満ちた神々スマイルから、敦賀氏によるそれはそれは有り難いご講義が始まった。

 神々しい頬笑みにより、普段なら怨キョが干からびて、とても蓮の話をまともに取り合える状態ではなくなるキョーコだがこの日は違った。

 神聖な光を浴びて力を得たピュアキョ達が、今までシャットアウトしていたキョーコの恋愛回路を次々と繋げていったのだ。

 とはいえ、蓮の笑みにまるで敦賀セラピーを受けたような状態で、ふにゃふにゃにのぼせたキョーコが通常通りの思考力を取り戻したのは説教も半ばまで来たときであった。

 「つまり、君の場合、自分で意識過剰だと思うくらいで丁度いいんだから、どんなに相手が親切そうに見えても、男の誘いにはまず疑いを持つ。安全だと判断しても油断はしない。その時は本当に親切心でも、君の可愛い姿を見ていれば男なんてあっという間にオオカミに変わるんだから。」

 「は、はぁ。私などに食指を動かすような殿方なんて、本当に・・・・」

 いるのでしょうか?

 回路は復旧しつつあろうとも、染みついた習慣からそう続けようとしたキョーコはバッと自身の口を塞いだ。

 蓮の目が『2,3年分の涙が枯れ果てるまで泣かすよ?』と語っている。

 「最上さん、俺の話、聞いてた?」

 キョーコは必死にコクコクと頷く。(実際のところ全く聞いていなかったのであるが)

 ふぅ、と蓮が息をついた。

 「純情乙女の最上さんに、こんなコトは言いたくないんだけど、言わせてもらうよ。」

 「は、はひ」

 「男はね、刺激があれば『ヤレル』生き物なんだよ。欲を刺激する要因があれば好きな相手じゃなくても『性欲』の対象になる。好きな相手なら尚更だ。理性でそれを我慢するのが普通だけど、それを決めるのは君じゃない。最上さんは分かる?男が何に興奮するか」

 「わ、わかりません」

 「そうだよね。分からないんだ。でも、確かなことは、君は特に性格も見目もよくて男の好意を受けやすいってこと。だから自己防衛しないとね?万が一、相手が理性を手放しても常に逃げられる状況を確保していれば、君の身は守られる。人の助けの届かない所で男と二人きりなんて『どうにかして下さい』と言っているようなものだよ?」

 この後も延々と続く説教に、キョーコの中で久しぶりに繋がった恋愛回路が起動し始めていたことを、この時の蓮は気付かなかった。

 またこの時のキョーコ自身、この長くて細かい蓮の講義がなんだかくすぐったいと感じること以外、そう感じる理由も、動き始めた回路の存在も、自覚してはいないのだった。






戻る 目次 進む


2012/1/8  リメイク
関連記事
web拍手 by FC2

comment

Secret

※サイト案内※
●当サイトにはスキビの考察および二次創作文が展示されています。それに伴い、展示物には性描写・暴力表現を含まれるものがあります。
●取り扱いカップリングは蓮×キョーコ、傾向は「両片想い」「ハッピーエンド」です。
●また、管理人は考察上、あるいは二次創作文中の設定上、登場人物に対し批判的、否定的な扱いをする場合があります。
●作中のあらゆる事項はフィクションであり、現実に即さないものが多く含まれます。
※性描写・暴力表現を含む作品は年齢制限を設けていますので、高校生含む18歳未満の方は閲覧しないでください。
最新記事
カテゴリ
絵 (1)
最新コメント
検索フォーム
カウンター
管理人
Author:常葉(トキワ)

どうぞごゆるりとお楽しみ下さいませ。
度々細かな変更はありますが、温かく見守って頂けると幸いです。

バナーとか作ってみたり。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。