スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

幸せの探し方(おまけ2)

2011.04.25.20:53

  
5話『無意識少女誘拐』より、敦賀氏による少女の誘拐風景。






 おまけ2


 その日、事務所で久しぶりの雑用をしていたキョーコは、ある時点から胸騒ぎを感じていた。

 最近『ピュアキョ化』が進み、その絶対数を減らし始めた怨キョ達が俄かにざわめいているのだ。

 最初、どこかで大きな負のオーラを感じたらしい怨キョらが喜んで、勝手にキョーコの傍を離れようとした。

 それが数瞬後にはピキリと固まり、怯えたように自分の元へと帰ってきた。

 帰ってはきたが、やはり負のオーラは嬉しいのかはしゃいでいる。


 目の前に対峙している訳でもないのにこの反応。

 あまりの不健康な精神に、ちょっとそのオーラの持ち主が心配になる反面、絶対に関わりたくないな、と彼女は思った。


 依頼された雑用を全て片付け終え、帰る支度をしている間も怨キョ達の様子は変わらなかった。

 (これだけ大きな負の感情を持続させるなんて、随分精神的に不健康な人だわ・・・・)

 怨キョまで誕生させた自分に言えた義理ではないが、そんな事を改めて考えるのだった。


 その時、帰宅のために事務所の廊下を歩いていたキョーコがピタリ、と止まる。

 曲がり角の向こう側から、オーラの持ち主がやってくるのに気付いたのだ。

 (や、やだわ!! 関わりたくない!!)

 なんだか顔を合わせたら、すれ違うだけでは済まない予感がしたキョーコは、素早く方向転換し元来た道を歩き出す。

 そのとき・・・・

 「やあ。最上さん、久しぶりだね」

 未だ嘗てないほど、テンションの低い大先輩の挨拶を聞いた。

 (つつつつ、敦賀さんだったのーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!??)

 「お、おひ、お久しぶりですぅ、あの、大変失礼で、まことに申し訳ないのですが、ワタクシ急いで帰宅しなければいけませんので、帰りますねっ!!!」

 ねっ? ねっ? ねっ? と少女は全力で辞去の許可を得ようとする。

 「そう。じゃあ送っていくよ」

 (墓穴掘ったーーーーーーーーーーーー!!!!)

 「け、結構ですーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

 キョーコは縦社会の礼儀も何もかも捨て置き走った。

 風の如く駆けた。

 人類の構造を遥かに超えたスピードだった。

 とんでもない形相だった。


 後に目撃者である事務所職員は口を揃えてこう言った。

 鬼か悪魔のような形相だったと。

 誰がって・・・――――――



 ブウォンッ

 (ひぃぃぃぃぃーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!)

 続く空を切る音(足音でなく!!)に、キョーコはサッと後ろを向いた。

 (お、追いかけてきたあぁっ!!!)

 キョーコが半泣きになったのは仕方のないことであろう。

 そこには悪魔がいた。

 (無表情なのにやたら楽しそうに見えるのは何故!?)

 (武器なんて持っていないのに今にも殺されそうな程の怒りのオーラを感じるのは何故!?)

 (B・Jに追っかけられるのって、こんな気分かしら・・・)

 そんな考えが頭を掠めたとき。

 ガッ

 腕を捕えられ、追いかけっこは強制終了となる。キョーコは自由になる片手で頭を抱え込み叫ぶ。

 「きゃーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!! ごめんなさいごめんなさいごめんなさいぃぃぃ、何でもするから殺さないでぇぇぇーーーーーーー!!!」

 鍛えられた腕に上半身を腕ごと拘束され、座り込む事も出来ない。

 その恐怖たるや失禁ものである。

 ただそんな事態にならなかったのは、結局蓮の腕の中は彼女にとって『敦賀セラピー』と言うことか。

 とは言え、この時ばかりはキョーコも蓮の腕の中でうっとりすることは出来なかったのであった。




 この日のこと―――通称、『敦賀蓮ご乱心事件』―――は目撃者である事務所社員に厳しく緘口令が敷かれた。

 が、皆そんな事よりも、殺人鬼もかくやと言う様相を呈していた『温厚紳士』に拘束され、引きずられていった少女の身の上だけが心配であった。


 自身もこの件の目撃者となってしまった社はまさにその筆頭であると同時に、『敦賀蓮』始まって以来の暴走に事後処理に追われるのだった。

 時間も遅く、部外者による目撃がなかったのが唯一の救いとはいえ、このあまりの出来事に、件の2人がカップルとして成立したとの報告を、社は病院のベットの上で聞くこととなった。



 ストレス性胃炎のために。





戻る 目次

2012/1/8  リメイク
関連記事
web拍手 by FC2

comment

Secret

※サイト案内※
●当サイトにはスキビの考察および二次創作文が展示されています。それに伴い、展示物には性描写・暴力表現を含まれるものがあります。
●取り扱いカップリングは蓮×キョーコ、傾向は「両片想い」「ハッピーエンド」です。
●また、管理人は考察上、あるいは二次創作文中の設定上、登場人物に対し批判的、否定的な扱いをする場合があります。
●作中のあらゆる事項はフィクションであり、現実に即さないものが多く含まれます。
※性描写・暴力表現を含む作品は年齢制限を設けていますので、高校生含む18歳未満の方は閲覧しないでください。
最新記事
カテゴリ
絵 (1)
最新コメント
検索フォーム
カウンター
管理人
Author:常葉(トキワ)

どうぞごゆるりとお楽しみ下さいませ。
度々細かな変更はありますが、温かく見守って頂けると幸いです。

バナーとか作ってみたり。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。